スペイン お土産

これならハズさない!

スペインのお土産。どんなものが一般的で、どんなものが喜ばれるか、お土産を買っていく立場としては、少し悩んでしまいますよね。このサイトでは、スペイン在住歴のある知り合いと、訪問国数28ヶ国の私で(もちろんスペインも^^)、まとめてみました!

まず、基本的にふたつのパターンにわかれます。職場、ご近所、習い事の仲間。このような集団にあげる場合と、ごく親しい友人や家族にあげる場合のふたつです。

まず、職場や、会の仲間にあげる場合は、当り障りのないものがベスト。できればモノより、食べ物のほうが喜ばれます。なんといってもモノには個人の趣味がありますからね。置き物やカップをもらって困ったことありませんか。

その点、スペインは美味しいものが揃っています。ハモンセラーノ(生ハム)、パエリアなど。ただ、集団には配りづらいので、結局はクッキーやチョコレートになりますね。ちょっとつまらない気もしますが、個別包装になっているものなら、配りやすいです。やはり本命です。

ちなみに、おすすめはトリアス(TRIAS)のチョコウエハース。定番ブランドで、ハズしません! あとは、人気キャラクターのバッドトロ関係のチョコなんかもいいと思います。空港なんか行くとたくさん売っていますからね。

トリアス

続いて、個人に配る場合は、サッカー関連商品は定番。特にFCバルセロナとレアル・マドリッドは人気ですね。建築ファンにはガウディグッズ。サグラダ・ファミリアのスノードームなんか個人的には好きです。

ただ、趣味がわからなければ、やっぱり食品で、ハモンセラーノや赤ワイン。料理好きの奥さんのいるご家庭でしたら、オリーブオイルなんかもいいと思います。

実は、スペインのお土産を買える通販サイトがあります。それがこちら。


世界のおみやげショップはこちら。


このサイトを見ていただければわかると思いますが、さすが三洋堂ですね^^ 基本的なアイテムをしっかり揃えています。

値段的には空港と同じか、モノによってはそれよりちょっとだけ高いものもありましたが、お土産を買う時間を節約して、自分たちの買い物や観光に時間を注いだほうが絶対トクだと思います。現地の滞在時間は数日だけですからね。

それに、お土産を持って歩くと邪魔です。ましてや、ヨーロッパでいちばん治安の悪いと言われるスペイン。例えば、バルロセロナでかならず行くランブラス通りで両手がふさがっているのはとても危険です。スリとかならまだしも、一本入った裏路地で強盗に合った人も少なくありません。

また、生ハムやソーセージは、検疫で国内の持ち込みができません。これを知らずに、皆さん買ってくるのですが、没収対象です! 帰りの飛行機で、ハム・ソーセージ、偽ブランドなどの持ち込みがないかチェックも書きますし、税関を通過する際には、原則、目視があります。

ワインは重いし、割れるし。ということで、通販サイトで買うというのは、結構人気があります。出発前にネットで注文してしまう人も非常に多いそうです。

イチオシはスペインの生ハム! 日本のとは全然違う!!

日本でも生ハムは売られていますが、スペインの生ハムとはそれと違います。
何が違うのか?
見た目も違うし、味なんて全然違うのだ。

生ハム

スペインの大衆酒場は、BARと書いてバルと呼ばれます。
そのバル、ほとんどの場所に豚の足がポトンと置いてあったりもしくは天井から
何本かぶら下がっているのがあります。
これがスペインの生ハムなのです。

スペインに行ったら、その生ハムをまずは色んな所で食べてみる事をお勧めします。
注文したその場で生ハムを切ってくれてチョット1杯やるには多いくらいの
量の生ハムが1皿に盛られています。
それをいくつか試食のつもりで食べてみると良いですね。
そしたら自分の好きな味がわかるからです。

そして気にいったものがあればどこで買えるか聞いてみると良いと思います。
但し、スペイン人はスペイン語に誇りをもって生きています。
だから英語で話せる人は本当に少なくスペイン語で喋る事が必要とされてしまいますが。
でもそれができるとチョットおまけしてくれたりタダ酒をくれたりしてくれちゃう特権も(笑)

さてこの生ハム、有名なのはハモン・イベリコと呼ばれているのですが、色んな人が聞いた事がある名前だと思います。
その中でもどんぐりだけを食べて育ったイベリコ豚を「ベジョータ」と呼びます。
これがまた普通よりも高くなるのですが、味が全然違います。

日本の生ハムはかなり塩が効いていて私は好きではなかったのですが、スペインでこれを食べた瞬間に生ハムの概念が変わりました。

この生ハムをお土産にしたら必ず喜ばれます!
真空パックにして、老舗デパートのエルコルテイングレスなどに売っているから、これからスペインに行かれる方はぜひお試しあれ!

ただ、ベジョータは高級なので自分用か、特別な人へのお土産がいいでしょう。
たくさん配るライトなお土産には普通のハモンセラーノでも十分美味しいです。
12パックで1万円程度で買えるものもあるので、配り物には最適かもしれません。
ただし、ハムやソーセージは、日本への持ち込みが一切できません。
検疫対象で、見つかったら没収になります。
税関でスーツケースを開けられなかった、そんな人もいますが、ちゃんと知っておきましょう。


スペインの生ハム(ハモン)を購入可能!


ただ、残念な人には、こちらの通販サイトで購入可能です。
ハモンイベリコのベジョータも、ハモンセラーノも売っています!

地中海ならではの味! フレッシュなオリーブ&オリーブオイル

スペインと言えば地中海に面していますよね?
地中海って「地中海料理」と呼ばれたり何だかチョット独特でご飯がおいしそうなイメージがありませんか?

その地中海に面した国だからこそよく食べられるものがあります。
それがオリーブ。

スペインのオリーブ

カルフールなどの大型スーパーに行くとずらっとオリーブコーナーが広がっています。
瓶に入ったものや缶に入ったもの、そしてパックになっているものまであり、
更に黒いオリーブや緑のオリーブ、種ありと種なしなどとにかく目移りしてしまう程のオリーブがあるんです。

何せこのオリーブ、バルではよくタダで提供されているお通しのようなもの。
そのくらいスペイン人には欠かせない物なんです。

そのオリーブ、これもまた激安でパックされた小さいものなんて1ユーロしません。
そんなオリーブを会社の同僚なんかにあげてみたらチョットおしゃれですよね。

更にオリーブといえば日本人もおなじみのオリーブオイル。

オリーブオイル

エクストラバージンオイルともなると結構します。
そのオイル、値段は同じだけど容量は倍くらいあるものが手に入るのもスペインならでは。
大体日本で売られているオリーブオイルも、原産国はスペインやイタリアなのでフレッシュな物が手に入るかも!?
料理にもお肌にも使える便利製品です。

雑貨がいいなあという人は、オリーブオイル挿しなんかも可愛いですよ。
スペインカラーで元気が出そうなデザインです。

オリーブオイル挿し

どれも、お料理好きな友人へのお土産に、自宅用に買ってもいいですよね。
オイルは重いので、通販で買うのがベストです!


その他、こんな国のこんなお土産が注目です!

中国 お土産

天津甘栗チョコ、パンダクッキー、蓮の実月餅が定番のベスト3。中国のスタバのマグカップ、グリコのおまけは著者のおすすめ!

台湾のお土産! 台湾在住の管理人おすすめの人気商品はこれ!!

偽物が多いというパイナップルケーキ。ホンモノの見分け方を教えます! 台湾製のカップラーメンも人気です。

極上シェリー酒とスペインワイン

スペインで酒飲みにとって嬉しいのは、アルコール類が本当に安いということ。

ワイン

ビールに関して言えば水と同じ。
ワインだって1ユーロから売られています。
元は取れているのか、こちらが心配になるほどですが…。

これは有名なのでこれを目的に行った人は知っているかもしれないが、スペインのヘレスという街を知っていますか?
そこの街はあるもので有名なのです。

そのあるものとは…シェリー酒。

日本では、あんまりシェリー酒を飲まれる方っていないかもしれません。
それって多分日本ではあまり目にしないとか値段が高いとか味がいまいちとかそんな理由だと思います。

そのシェリー酒がセビージャから2時間もかからない程度の街・ヘレスでは製造されていて、街に入る高速にはティオペペと呼ばれるおじさんの看板?が立っている。
田舎なので街自体は小さいのでさらっとみれるのでおすすめです。

その街で売られているシェリー酒。
これをぜひ飲んで下さい。
基本的には強い白ワインのようなイメージですが、シェリー酒ってこんなにおいしいんだ!と思えるなんともいえない味をしています。
試飲はさせてもらえるので遠慮せずにもらってください。

シェリー酒

とても飲みやすくて味がしっかりしているシェリー酒。
ティオペペやオズボーンのものが有名です。
お土産にしたら、お酒好きには褒められる事間違いなしです。

もちろんスペインワインもおススメですよ。


ページのTOPへ戻る

 

サイトマップ